FXは自分の中でのルールを決めて取引をしています。

FXは自分の中でのルールを決めて取引をしています。

 

FX取引を初めて1年になります。はじめは大きく儲けたいという思いがあり取引を始めることにしましたが、大きく儲けるには大きな資産がないと安定的に資産運用することは不可能だとわかり現在ではデイトレなどで少しづつ利益を出す方針をとっています。私は会社員で日中は仕事をしており取引をすることが基本的に難しい時間が多いです。そのため取引は仕事終わりや深夜などをメインとしておこなっています。

 

基本通貨としてドル円を取引していますが、これは私の中で一番馴染みのある通貨ということもありますし情報量が豊富だということも理由にあげられます。他の通貨は情報を探していかなければ深いところまで行きませんが、ドル円に関しては普段から触れることができるので細切れ時間でも素早く情報収集ができることにメリットを感じています。もうひとつの理由として出来高があげられます。

 

ユーロドルも出来高の多い通貨ということで魅力がありますが、ドル円もそれに劣らぬ出来高をほこります。デイトレをおこなう上ではできるだけ短時間に利益を確定させる必要があることから値動きは安定しているが出来高が多い通貨というのは大変魅力的なものです。この条件を満たしているドル円は大変魅力なのです。こつこつ利益を出していくにはある程度自分のなかでルールを決めています。

 

現在の為替通貨が1ドル120円前後なのですが、私のルールとして120円を切ったら円買い、125円を超えたら円売りなどこういったルールを自分の中で決めてその上で取引をおこなうようにしています。それに付随してリスク回避のルールも設けています。一定の損失が出たら損切りや、時間を決めて損ぎりするなど自分の中のルールはとても大事だと思います。もちろんこういったルールを設けていようとも相場ですから特異な動きをすることは大いにあります。そういった場合は一瞬の判断がものをいいますがルールにのっとり冷静に対処すれば大きな損失は被ることはないと思っています。うまくリスク回避できるのがFXを続けていくコツです。