大きな動きが生じる可能性が高い時はオフにする

大きな動きが生じる可能性が高い時はオフにする

 

FXの売買の方法の1つに、システムトレードがあります。ここ最近では、多くの金融会社はそれを大きく宣伝している傾向があります。そのシステムは、確かにメリットは大きいと思いますね。そのシステムによるメリットの1つは、やはり感情が入り込まない点ではないでしょうか。主に裁量取引などで売買をしてしまいますと、自分の感情が色々と入り込んでしまう傾向があります。それはあまり良くないのです。感情を入れ込んでしまいますと、総じて損失率が高くなる傾向があるからです。

 

それに対して冒頭で申し上げたシステムトレードの場合は、何も感情が入り込む余地がありません。あくまでも機械的に売買を行ってくれる訳ですから、冷静な頭で売買をできるメリットは大きいですね。ですのである程度慣れている方々などは、そのシステムでの売買に関心を抱いている事も多々あります。ただしそのシステムも、実は完璧ではない点は注意を要するでしょう。状況によっては大きな損が発生するケースは、やはりあるのですね。

 

もっとも気をつけた方が良いのは、不測の大きな動きです。何回かこの金融商品で売買を行うと分かりますが、突然に不可解な動きが生じるケースが、稀に見られるのですね。時には、わずか1時間程度で数円程度の下落が生じる事もあります。システムトレードが弱いのは、そのような局面です。全く想定していない動きが生じてしまった事により、様々なエラーが生じてしまいます。それで最終的には、現在の建玉が含み損になってしまうケースも目立つのですね。

 

ですのでシステムトレードは、実は弱点はあります。そしてそのトレードは、随時自分でスイッチをオフにする事もできるのですね。おすすめの方法としては、経済指標などが発表されるタイミングでは、一旦はスイッチをオフにする方が良いでしょう。そうすれば上記のような不測の大きな動きが生じても、どうにかなるケースがほとんどです。危機的な状況が発生し得る局面では、裁量取引の方が望ましいとも思う次第です。