わずか1日で生涯年収を稼げる可能性がある副業

副業で億万長者を目指すブログ日記

 

FXに関心を抱いている方は、サラリーマンが非常に多いです。特に稼げる副業などを目的に、その金融商品に関心を抱いている方々も多く見られます。この金融商品は、確かに大きく稼げる可能性は秘めているのですね。そして、うまく行けばサラリーマンの生涯的な年収とほぼ同じくらい、稼げる可能性もある訳です。サラリーマンの方々が一生涯に稼ぐ収入は、基本的には2億円程度と言われています。1人の子供が生まれて一生涯暮らす為に必要なコストは、だいたい2億円前後になっている事が多い訳ですね。

 

ですがサラリーマンの方々としては、それだけの収入を稼ぐのが難しいと考えている事もあります。現在の自分の所得では、それに届かないと思っている方も、非常に多い訳ですね。ところが前述の金融商品では、それくらいのお金を稼げる可能性もある訳です。FXという商品に関するブログなどを見ますと、たまに1日で数億円ほど稼いだなどと明示されている場合があります。それは、確かに聞くからに非常に魅力的ですね。1日に数億円ほど稼ぐことができていれば、もちろん上記の生涯年収とほぼ同じくらい稼げていることになる訳です。ですので、それだけ大きく稼げる可能性があるのが、この投資商品の大きな魅力の1つとも言えます。

 

ただ気をつけた方が良いのは、それが保証されている訳ではない点です。そもそも上記で数億円ほど稼ぐことができているのは、あくまでも分が良かったからだと考えられるのですね。運が悪ければ、自分の財産の多くを失っていた可能性もある訳です。それが、この金融商品の怖い一面の1つですね。ですのでリスク管理を徹底することは、この金融商品ではほぼ必須だと思っています。しかし確かに、この金融商品は大きく稼げる可能性は秘めています。そこにたどり着くまでにはかなりの勉強などは必要ですが、それで多くのサラリーマンの方はこの商品に関心を抱いているのでしょう。何とも夢がある商品の1つだと思います。

 

 

自社での営業活動などを行う事はほぼないFX

副業で億万長者を目指すブログ日記

 

FXという商品は、実は勧誘に関する大きな特徴があります。その商品を提供している会社は、あまり強く勧誘をしている事が無いのです。そもそも人々は、金融関連の勧誘を受けているケースは極めて少ないです。例えばFXの会社からの電話ですね。私たちには、たまにどこかの会社から営業電話が来るでしょう。いわゆるテレホンアポインターの方などが電話をしているケースが多いのですが、FXに関しては例外的だと思います。

 

今までの営業電話を振り返ってみると分かると思いますが、そもそもFXの会社から電話が来た事は、1回も無いのではないでしょうか。何か別の商品での電話はあっても、FXの電話はほぼ皆無だと思う方も珍しくありません。ではなぜFXの会社が電話をしないかというと、金融業界ではそのようなルールになっているのですね。そもそも投資業界では、あまり無作為な勧誘をしてはいけない事になっています。いわゆる銀行に似ている一面があるのですね。

 

そもそもどこかの個人宅に銀行の営業マンが飛び込み訪問に来ているかといえば、まず間違い無くそれはあり得ないでしょう。銀行としては、いわゆる待ちの姿勢で営業活動を行っているのですね。積極的な営業活動を行うのは、禁じられているのだそうです。そしてFXの会社も、それは同様です。あまり自分らの方から営業活動を行うのは難しく、やはり銀行と同じく待ちの姿勢になっている訳ですね。受け身の営業をしているのは、FXの大きな特徴の1つと言えます。

 

ちなみに、このような話を聞きますと、うちは例外だ等と話している方もたまに見られます。FXの会社から過去に電話が来たと主張している方も、たまに見られるのですね。しかし実は、それは金融会社が営業していると考えられないです。どこか別の代理店が営業活動をしている可能性が、極めて高いです。もしくはFXを用いての間接的な投資信託などでの営業活動が行われている可能性もあります。「金融会社自らが営業活動を行うのはまず無い」のは、FXの特徴の1つなのですね。

 

 

FXでは手数料は会社を選ぶ唯一の基準なのか

副業で億万長者を目指すブログ日記

 

FXでは、手数料は非常に大切なポイントだと考えます。実際私が今後どこかの会社を選ぶならば、まず間違い無く手数料を重視すると思うのです。というのもその手数料の高低は、やはり売買コストに大きく関わってくるからです。そもそも私の場合は、比較的頻度多く売買を行っている方だと思います。人によっては1ヶ月に1回程度でないと売買をしていない事もあるのですが、私の場合はどちらかというと1日に2回や3回程度は売買を行っています。いわゆるデイトレでのタイムスケールに近いですね。

 

それくらいの時間軸となると、やはり上記のようなコストに関する問題は軽視できない一面があります。確かに1回程度の売買ならば、あまり気にならない一面もある訳ですが、デイトレとなるとそこそこ多くの回数になるからです。それだけに、やはりスプレッドなどの手数料は軽視できない一面があります。ですので私の場合は手数料は重視しますが、実は最近はそれ以外の要素も大切だと考えているのです。私の場合は、約定力なども重視している一面があるのですね。

 

そもそもデイトレで売買を行うとなると、やはりスピードが求められる傾向があります。スピード重視の場合は、約定力はとても大切なポイントになり得るのですね。例えば自分が望むレートでクリックをした時に、約定が拒否されてしまったとします。それでは自分の望む価格で売買ができなくなるので、せっかくのチャンスを逃してしまいかねないのです。ところが約定力が優れている会社の場合は、そのような事もありません。自分の希望する価格での売買ができる訳ですから、やはりそれは軽視できないポイントの1つなのです。

 

確かに手数料などは、軽視できないポイントではあります。しかし手数料がリーズナブルでも、自分が希望するレートで売買ができなければ、あまり意味がなくなってしまう可能性もあるのです。つまりFXは、手数料だけでは選べない一面があるですね。単純に手数料だけで比較をするのでは無く、やはり複数の要素を考慮して会社を選ぶのが大切でしょう。

 

 

 

 

2016/06/02 11:38:02 |
何かの商材を用いて勉強をしようと考えているFXのトレーダーの方々は、非常に多いです。とりわけ初級者の方々などは、何らかの商材に関心を抱いている傾向があります。人々が情報商材に関心を抱く理由の1つは、やはり利益でしょう。この投資商品は、やり方次第では確かに大きな利益が生じる可能性があります。ですので、その利益を目指して情報商材を購入しようと思っている方も、見られる訳ですね。実際私は、情報商材は確かに悪くない選択肢の1つだと思います。ただそれにはいくつかの注意点もあるので、やはり気をつけた方が良いでしょう。まず1つ目の注意点としては、情報商材の販売元ですね。しっかりした会社が販売をしているか否かは...
2016/06/02 11:38:02 |
FX取引を初めて1年になります。はじめは大きく儲けたいという思いがあり取引を始めることにしましたが、大きく儲けるには大きな資産がないと安定的に資産運用することは不可能だとわかり現在ではデイトレなどで少しづつ利益を出す方針をとっています。私は会社員で日中は仕事をしており取引をすることが基本的に難しい時間が多いです。そのため取引は仕事終わりや深夜などをメインとしておこなっています。基本通貨としてドル円を取引していますが、これは私の中で一番馴染みのある通貨ということもありますし情報量が豊富だということも理由にあげられます。他の通貨は情報を探していかなければ深いところまで行きませんが、ドル円に関しては...
2016/06/02 11:38:02 |
FXの売買の方法の1つに、システムトレードがあります。ここ最近では、多くの金融会社はそれを大きく宣伝している傾向があります。そのシステムは、確かにメリットは大きいと思いますね。そのシステムによるメリットの1つは、やはり感情が入り込まない点ではないでしょうか。主に裁量取引などで売買をしてしまいますと、自分の感情が色々と入り込んでしまう傾向があります。それはあまり良くないのです。感情を入れ込んでしまいますと、総じて損失率が高くなる傾向があるからです。それに対して冒頭で申し上げたシステムトレードの場合は、何も感情が入り込む余地がありません。あくまでも機械的に売買を行ってくれる訳ですから、冷静な頭で売...
2016/05/24 15:11:24 |
FXの会社は、沢山あります。1社や2社程度などでは無く、国内の業者だけで数十社程度が存在するのですね。それらの会社の中からどれを選べば良いかとの問題が浮上する事も多いですが、実は人によってはそれらの複数の会社を併用している事もあります。そして、却ってその方が望ましい事も多いのですね。そもそもこの投資商品のやり方は、1つだけとは限らず、複数のやり方が見られるのですね。例えばスキャルピングという方法などは、数あるやり方の中でもかなり短期間と言えます。実に数秒や数十分程度で決着が付くやり方になるので、反射神経などが求められる事も多いですね。そうかと思えば、スワップ目的での売買の場合は、かなりの長期間...
2016/05/24 15:11:24 |
FXという商品で売買を検討しているならば、やはり信頼できる会社にお任せをしたいものです。そうでないと、万が一の時に大変な事態になりかねないからです。例えば、FXの会社はたまに倒産をしているのですね。実際1年くらい前に大きな動きが発生し、ある会社が倒産をしてしまっていました。しかもそれは決して珍しくないのです。それを避ける為には、やはり信頼できる会社を選ぶのが一番でしょう。ところでFXの会社を選ぶ時には、できるだけ情報を多く集めた方が良い一面があります。というのも国内の業者の場合は、その判断基準になる様々な数字を公開してくれているのですね。例えば多くの金融会社では、必ずと言って良いほど自己資本規...
2016/05/24 15:10:24 |
国内のFXの業者には、実は海外とは異なる特徴が1つあります。ほぼ確実に、保全のシステムが採用されている点です。まずFXの会社というのは、実はいつ破綻するか不明な一面があるのです。状況によっては、本当に破綻をしてしまうのですね。実際去年の末には、非常に大きな動きが発生していました。それに伴って、多くの金融会社がダメージを受けていたようなのです。去年の末になり、大きな動きによって多くの方々が損失を発生させてしまいました。それでFXの会社に対する負債が拡大してしまって、どうにもやり繰りが難しくなってしまったのですね。ちなみにある外資系の会社にて、そのような状況になってしまっています。そのような状況は...